リフォームのメリット-その2-

そう考えると、リフォームならではのメリットは、「同じ家に住み続けること」に
ありそうです。つまり、その家に住んできた思い出を残しつつ新しい生活を続けられ
る、ということに尽きるのではないでしょうか。

当たり前の話ですが、新築の住宅は、たとえ注文住宅といっても、だれも住んだ経
験がないなかでプランを作り上げていくわけです。これに対して、リフォームは、そ
れまで住んでいた経験をもとに家を変化させていく作業です。実体験を通して「住ま
い方」を学び、そこで生まれた不満や不都合をリフォームに反映させていくことが可
能です。引っ越しして住み替えするのと異なり、リフォームを繰り返した家は、本当
の意味での「自分の家」になっていくのです。

また、リフォームはなにも業者に頼む大掛かりなものばかりとは限りません。自分
で内装のクロスを張り替えたり、部屋に仕切りを設けて子ども部屋をつくったり、と
いう具合に、DIYで行える工事もたくさんあります。自分の手で家を変えていく作
業を通して、家に対する愛着がさらに湧いてくるものです。

ラィフスタィルの変化が突然起こることもあるでしょう。子どもができた、あるい
は事故を起こして車イス生活を余儀なくされた……。そうなると子ども部屋をつくっ
たり、車イスが通れるように廊下を広げたり、という改修作業が必要になりますが、
同時に自分のこれからの生き方を考えることにもなるはずです。
生き方を考えるなかで、そのメィンステージである家がどうあるべきかを真剣に考えること。
それが部分的な改修にとどまらないリフォームの本質であり、そのリフォームの生む夢が、家に対する愛着につながっていくのです。
ここも読んでリフォームのあり方を考えてみましょう。

FA088_L