大規模リフォーム

建築主の生活スタイル
ふたりのお子さんも独立して、これからは自分たち夫婦の生活を大切にしてゆきた
いと考えられていました。次男は地方赴任が多いのですが、関西方面に赴任した時に
は自宅から通勤する可能性があるため、2僻の一部屋を予備室的に使いたいとの希望
がありました。省エネやエコロジーについても関心が高く、生活面でもエコロジカル
な暮らし方をされており、できるだけ自然素材や太陽エネルギーの利用をしてほしい
との希望がありました。

建築主の要望
既存の建物の状態が、阪神淡路大震災にあっているにもかかわらず比較的良好であ
ったこと、提案させていただいた新築のプランが、元の建物の間取りに似ていたこと
で、設計事務所から大規模リフォームの提案を行いました。その後地撚調査も行い、
地盤が良好であることも確認しました。

元の家が台所と廊下で南北が分かれていて、非常に通風が悪かったので、風通しの
よい家にしたい。また南面に広い掃き出し窓があり冬は暖かくて心地よいが夏には暑
くてたまらないのでその対策を考えてほしい、などの要望がありました。

他には内装に自然素材を使ってほしい、できるだけ温熱環境にも配慮してほしい、
新築と変わらない構造性能を確保しておきたいなどの希望のほか、塀と樹木に囲まれ
た暗い玄関まわりを明るくしてほしいとの要望がありました。

リフォームのポイント
リフォームの規模が大きい場合には、構造面について診断を行い、筋交いや金物の
追加なども行っておきましょう。
断熱材も天井、壁、床下に充填しておくことで、冬場の暖かさがずいぶんと違いま
す。これらは建物全部のリフォームでない場合にでも、数回に渡ってリフォームする
たびに順次行ってゆくことで、、最後には性能のよい住宅になるのではないでしょう
か。特に櫛造については、部分的なリフォームでも、少しずつ補強しておくと、大地
震の際には違いがでますので、ぜひ検討を行ってほしいと思います。
リフォーム時の地震対策はにまとめられています。

FA029_L