工事監理チェックは厳しく

建築主の生活スタイル
夫婦子供ひとり、両親の三世代。ご両親と若夫婦の部屋は2階廊下で結ばれ、晴れ
てお隣同士で住まうことになります。入学したばかりのお孫さんは大好きな祖父祖母
と一緒になって大喜びです。

建築主の要望
地震や風雨に耐える丈夫でしっかりした椛造にしてもらいたい。また、1階は開放
的で明るい車庫スペースにしてもらいたい。さらに、キッチン&リビングは、天井高
の高い吹き抜け空間とモダンなイメージが希望です。
ハシゴで上がったロフトに別世界があるといいですね。普段は読書や昼寝が可能な
書斎として。それに、子供の遊び場所や収納部屋になっても差し支えありません。

リフォームのポイント
既存ツーバィフォー構法の1階水まわり部分を壊して切り離し、妻側壁面いつぱい
にEXP・J(エキスパンションジョイント)で在来木造軸組構法とつなげた設計ア
ドバイスをしました。EXP.Jは、震動時や温度などによる建物の障害や影響を考
え、建物と建物を伸縮可能な状態にする伸縮継手です。今回はアルミ製のEXP.J
仕様として施工しました。
構造上の安全を確認することも重要です。
特に梁間約4.0m、軒高7.7mと少々ノッポの断面と屋根面の多い形状だけに、工事監理チェックに配慮するところです。

工事内容
まず既存2階建てツーバイフォー構法の1階水まわり部分を撤去して切り離し、新

たに改修リフォームすることになりましたが、このとき、床下の給水・排水・給湯・
ガス・電気配管類等が交錯し、無整備状態でした。床下点検口と掃除口を設置し、後
日の保守管理に備えることにしました。また、水まわりが使用できなくなることから、
工事期限を設け、この部分の仕上げを第一に工程管理しました。

EXP.Jで連結された内側は、隠蔽されて見えなくなるため、前もって漏水など
に備えた仕上げが大切になります。壁部の継ぎ目部分など丈夫な防水テープで隙間な
く目張り仕上げしました。EXP.J工事は南北外壁部・1階洗面脱衣室とトイレ、
2階廊下の床・壁・天井面にわたって、さらに、屋根面と増築壁面をつないで設置する大掛かりな工事となりました。
私はここで詳しい事を調べました。

FA031_L