出来る事、出来ない事

できること、できないことを教えて!
どんな希望もリフォームで実現することは可能です。
ただし制約はありますので、よく考えて行いましょう。

結論から言うと、できないことはありません。子ども部屋を設けたい、収納を増や
したい、キッチンを使いやすくしたい:::といった希望は、リフォームの手法である
増築、改築、改装、模様替えなどで実現できるのです。

ただし、リフォームはもともとある家を手直しする作業ですので、無の状態からは
じめる新築のように自由にプランを作ることはできません。全面的な間取り変更を伴
うような大掛かりなリフォームが実際に行われていますが、これらは既存の建物をベ
ースにしていますから、たとえば四角い建物を円筒形にするなどといったことは(不可能ではありませんが)、
リフォームの範疇を超えたものになってしまいます。
ここ家 高く売る に出来ることと出来ない事が載っています。

構造体に手を加える工事は難しい
既存の建物をいかす、ということは、具体的には基礎や柱、梁といった構造、構法
にあまり手を加えないということです。そのことから、既存の建物の構造や構法によ
っては、できることに制約がある場合があります。もしくは、不可能ではないけれど
も非常に難しく、経済的にも、リフォームの効果としても、あまりお勧めできないことがあります。

構造や構法自体を完全に変更することも、リフォームの範嬬を超えた工事になり
ます。もっとも、木造住宅をツーバイフォー住宅に変えたい、という希望をもつような
人はいないでしょう。あるとしたら木造住宅からログハウスなど個性的な建物に住み
たいと考えた場合ぐらいのものでしょうか。このような場合は、完全な建て替えにな
ってしまうので、リフォームとは呼べません。

FA113_L

リフォームのメリット-その2-

そう考えると、リフォームならではのメリットは、「同じ家に住み続けること」に
ありそうです。つまり、その家に住んできた思い出を残しつつ新しい生活を続けられ
る、ということに尽きるのではないでしょうか。

当たり前の話ですが、新築の住宅は、たとえ注文住宅といっても、だれも住んだ経
験がないなかでプランを作り上げていくわけです。これに対して、リフォームは、そ
れまで住んでいた経験をもとに家を変化させていく作業です。実体験を通して「住ま
い方」を学び、そこで生まれた不満や不都合をリフォームに反映させていくことが可
能です。引っ越しして住み替えするのと異なり、リフォームを繰り返した家は、本当
の意味での「自分の家」になっていくのです。

また、リフォームはなにも業者に頼む大掛かりなものばかりとは限りません。自分
で内装のクロスを張り替えたり、部屋に仕切りを設けて子ども部屋をつくったり、と
いう具合に、DIYで行える工事もたくさんあります。自分の手で家を変えていく作
業を通して、家に対する愛着がさらに湧いてくるものです。

ラィフスタィルの変化が突然起こることもあるでしょう。子どもができた、あるい
は事故を起こして車イス生活を余儀なくされた……。そうなると子ども部屋をつくっ
たり、車イスが通れるように廊下を広げたり、という改修作業が必要になりますが、
同時に自分のこれからの生き方を考えることにもなるはずです。
生き方を考えるなかで、そのメィンステージである家がどうあるべきかを真剣に考えること。
それが部分的な改修にとどまらないリフォームの本質であり、そのリフォームの生む夢が、家に対する愛着につながっていくのです。
ここも読んでリフォームのあり方を考えてみましょう。

FA088_L

リフォームのメリット

リフォームの本当のメリットは?

リフォームは気持ちよく、快適に住まうための手段です。
建替えと違って思い出を残せるのが一番のメリットです。

リフォームのメリットは?と問われると、多くの人は「手軽に家がきれいになるこ
と」「低価格で新築のような家に住めること」などと答えることでしょう。

ですが、リフォームエ事は、そこに必ず既存の建物を壊す作業が含まれるため、
一概に安上がりとは言えません。特に大掛かりなリフォームになると、新築より高くつく可能性があります。

リフォームをするために既存の建物を壊す場合、更地にするときのように重機を使って壊すわけにはいかず、
職人さんの手作業で壊すことになります。手壊しは、重機で壊すのに比べて倍以上の費用がかかるのが普通ですし、
廃材の処理費用を考えるとさらに倍増することさえあるのです。テレビなどでは「たった○○万円でここまでキレイに!」などと、
リフォームがいかに経済的であるかをアピールしていますが、現実には決して安いものではありません。
ここで詳しい事を調べました。

同じ家に住み続けることがメリット
リフォームはライフスタイルの向上などを目的として行われるものだ、と説明しました。
しかし、ライフスタイルの向上のために住む場所を変えていきたいというので
あれば、なにもリフォームでなくても、今まで住んでいた家を売却して新たに住む家を探したっていいはずです。

FA091_L

リフォームと増改築

リフォームと増改築は、どう違うの?

テレビや雑誌で見聞きする「リフォーム」という言葉
ただ家を改装したり、修理したりするだけの意味ではなさそうです。

ここ数年、リフォームという言葉を雑誌やテレビなどでよく見聞きするようになり
ました。なにかブームになっているような印象すらあります。

さて、皆さんはこのリフォームという言葉の意味を、どのように捉えているでしょうか?
ここで用語の定義をしてみました。まずはそれを参考にしてみてください。

単に家の壊れた部分を直すことは、あくまで修理や修繕であって、リフォームとは
言いづらいでしょう。では、キッチンを新しくするとか、照明器具を総入れ替えする
といった、設備の入れ替えはどうでしょう。古くなって扉が壊れたキッチンや、火が
安定しなくなったガスコンロを入れ替えるのはリフォームとは言いにくいけれど、キ

ッチン全体の雰囲気を変えたい、使い勝手をよくしたいという目的のために、キッチ
ンの設備をすべて入れ替えることはリフォームと呼ぶべきだ、というニュアンスなの
ではないでしょうか。

つまりリフォームとは、よりよい生活を目指して増築したり、改築、改装したりす
ること、と言えます。ライフスタイルを向上させる、もしくはライフステージに合わ
せるために行われるリフォームには、一

せるために行われるリフォームには、家の老朽化などを理由とする改築、改装、ある
いは修繕にはない「夢」があるのです。

FA038_L

暮らしのバージョンアップ

隣家の年配の女性が、垣根のペンキ塗りをしていました。別歳のアンさんは屋根
にも上るとのこと。そして夕方には、素敵なドレスに蒜替え、パーティにさっそう
と出かけていきました。

彼女にとってメンテナンスは日常的に自ら行っていること。住まいを愛おしみ行
っていること。パーティと同じように彼女の楽しみになっていること。に、驚きました。
日常的なメンテナンスは住まいを長持ちさせます。毎日顔を洗い化粧水をつけ
るお手入れと同じように、住まいを気遣うべきでしょう。

そして、リフォームは、目に見えない部分、例えば躯体や設備配管などのメンテ
ナンスのよいチャンスともいえます。フローリングを張りたい。キッチンが使いに
くい。家族が噸えた。など気分一新をきっかけにリフォームを考える場合が多いと
思いますが、同時に建物にとってのリフレッシュの機会でもあります。

フローリングを張る前に、何カ所か土台や根太を確認してください。新しいキッ
チンセットを据える前に、下地ボードを剥がして配管も確認してください。手間や
費用がかかることですが、安心を手に入れるためには必要なことです。

住宅情報いっぱいのコチラも読んで、暮らし方のバージョンアップとともに、
住まいのバージョンアップもお考えいただければと思います。

工事内容
水まわりの移動、間取りの変更、構造補強(筋交い、基礎、HD金物)サッシの取
り替え、断熱材の取り替えなど、基礎、構造体、屋根以外のほとんどの部分をリフォ
ームしています。

FA037_L

リフォームをすること

リフォームをすることとは、どのようなことであろうか?増改築、模様替えな
どの動機は、実は「こころのリフォーム」でもあるのだ。夢をもって手に入れた我
が家に、いつの間にかいろいろな不満が蓄積される場合がある。設備の不満、使い
勝手の不満など。

家を手に入れるときは誰しも舞い上がり、すべてが完璧に見えるものだ。しかし、
日々の生活のなかで使い込んでいくと、何気ない動作がしんどいものと感ずる。一
度感じ出すと、日常のことだけに、気づかないうちに潜在意識のなかに不満として
蓄積されていく。こうなると、いつか爆発することになるか、日常の吐き出し場所
を求めて、連れ合いに不満を日々語ることになる。さらに犠牲者はもっと増えて、
家族の関係も冷えていく.…・・。

こんな構図は寒々しいものだから、チラシを見たり、TVのリフォーム番組を見
たりして、だんだんとリフォームにあこがれ、リフォームを決心するに至る。人は
潜在的不満から脱しようとするものである。ここでリフォームの決心がはじまり、
長年の諺穣を晴らすかのように夢のリフォームに迩進する。我が家を手に入れる時と同じように……。

ここを読むことで、あなたは正しいリフォームの知識を得るであろう。
そして、こころもリフレッシュされて、あなたを抑圧したものが何であったのか知ることができる。
ここから真実の「夢のリフォーム」が、はじまるのであります。


FA016_L

工事監理チェックは厳しく

建築主の生活スタイル
夫婦子供ひとり、両親の三世代。ご両親と若夫婦の部屋は2階廊下で結ばれ、晴れ
てお隣同士で住まうことになります。入学したばかりのお孫さんは大好きな祖父祖母
と一緒になって大喜びです。

建築主の要望
地震や風雨に耐える丈夫でしっかりした椛造にしてもらいたい。また、1階は開放
的で明るい車庫スペースにしてもらいたい。さらに、キッチン&リビングは、天井高
の高い吹き抜け空間とモダンなイメージが希望です。
ハシゴで上がったロフトに別世界があるといいですね。普段は読書や昼寝が可能な
書斎として。それに、子供の遊び場所や収納部屋になっても差し支えありません。

リフォームのポイント
既存ツーバィフォー構法の1階水まわり部分を壊して切り離し、妻側壁面いつぱい
にEXP・J(エキスパンションジョイント)で在来木造軸組構法とつなげた設計ア
ドバイスをしました。EXP.Jは、震動時や温度などによる建物の障害や影響を考
え、建物と建物を伸縮可能な状態にする伸縮継手です。今回はアルミ製のEXP.J
仕様として施工しました。
構造上の安全を確認することも重要です。
特に梁間約4.0m、軒高7.7mと少々ノッポの断面と屋根面の多い形状だけに、工事監理チェックに配慮するところです。

工事内容
まず既存2階建てツーバイフォー構法の1階水まわり部分を撤去して切り離し、新

たに改修リフォームすることになりましたが、このとき、床下の給水・排水・給湯・
ガス・電気配管類等が交錯し、無整備状態でした。床下点検口と掃除口を設置し、後
日の保守管理に備えることにしました。また、水まわりが使用できなくなることから、
工事期限を設け、この部分の仕上げを第一に工程管理しました。

EXP.Jで連結された内側は、隠蔽されて見えなくなるため、前もって漏水など
に備えた仕上げが大切になります。壁部の継ぎ目部分など丈夫な防水テープで隙間な
く目張り仕上げしました。EXP.J工事は南北外壁部・1階洗面脱衣室とトイレ、
2階廊下の床・壁・天井面にわたって、さらに、屋根面と増築壁面をつないで設置する大掛かりな工事となりました。
私はここで詳しい事を調べました。

FA031_L

大規模リフォーム

建築主の生活スタイル
ふたりのお子さんも独立して、これからは自分たち夫婦の生活を大切にしてゆきた
いと考えられていました。次男は地方赴任が多いのですが、関西方面に赴任した時に
は自宅から通勤する可能性があるため、2僻の一部屋を予備室的に使いたいとの希望
がありました。省エネやエコロジーについても関心が高く、生活面でもエコロジカル
な暮らし方をされており、できるだけ自然素材や太陽エネルギーの利用をしてほしい
との希望がありました。

建築主の要望
既存の建物の状態が、阪神淡路大震災にあっているにもかかわらず比較的良好であ
ったこと、提案させていただいた新築のプランが、元の建物の間取りに似ていたこと
で、設計事務所から大規模リフォームの提案を行いました。その後地撚調査も行い、
地盤が良好であることも確認しました。

元の家が台所と廊下で南北が分かれていて、非常に通風が悪かったので、風通しの
よい家にしたい。また南面に広い掃き出し窓があり冬は暖かくて心地よいが夏には暑
くてたまらないのでその対策を考えてほしい、などの要望がありました。

他には内装に自然素材を使ってほしい、できるだけ温熱環境にも配慮してほしい、
新築と変わらない構造性能を確保しておきたいなどの希望のほか、塀と樹木に囲まれ
た暗い玄関まわりを明るくしてほしいとの要望がありました。

リフォームのポイント
リフォームの規模が大きい場合には、構造面について診断を行い、筋交いや金物の
追加なども行っておきましょう。
断熱材も天井、壁、床下に充填しておくことで、冬場の暖かさがずいぶんと違いま
す。これらは建物全部のリフォームでない場合にでも、数回に渡ってリフォームする
たびに順次行ってゆくことで、、最後には性能のよい住宅になるのではないでしょう
か。特に櫛造については、部分的なリフォームでも、少しずつ補強しておくと、大地
震の際には違いがでますので、ぜひ検討を行ってほしいと思います。
リフォーム時の地震対策はにまとめられています。

FA029_L

住まい手に合わせる家

建築主の生活スタイル

20年程前に大がかりな増改築が行われた市街中心に程近い木造住宅を、10年前に個
室部分を改装し、6年前に水まわりを含めたLDKを再度増改築、昨年(2002年)
は座敷まわりをリフレッシュしました。ここでは、6年前の大がかりな増改築に戻ってお話いたします。
周囲環境は、隣接クリーニングエ場が移転し大型セレモニー施設ができるなど、15年の間に変化し、家庭環境も変化しました。

建築主の要望

奥様が学習塾をはじめられて生徒がじょじょに増え、娘さんが留学を終えてピアノ
を教えはじめたことなどで、既存のDK、トイレ、浴室など家族のための共用部分を、
椛造に手を加えずに改装し、家族のための空間と来訪者のための空間を明確にして、
ピアノを置く居間を増築することにしました。
近い将来にはピアノ教室と塾はなくなる予定なので、そのときの化粧直しや将来の
建て替えを考慮しながら、増築の居間と既存住宅を木造の玄関ホールで繋ぐ計画とし
ました。

リフォームのポイント
一番のポイントは、家族構成やライフスタイルの変化に合わせ、無理のない範囲で
リフォームを繰り返しているということです。2回目となるこの事例では、大通りの
騒音、近隣へのピアノ音の迷惑、ピアノの音響などを考えて、鉄筋コンクリート造の
壁と鉄骨造の屋根で墹築部分を栂成することにしました。ご主人が生コン関係で働か
れて子供を育ててこられたことも大切な要因として捉え、打ち放し仕上げとしました。
なお、この敷地の歴史を見守って来た柿の木はそのままに、計画を行いました。
外部の人には、ピアノの音や演奏の姿、家人の住まい方がわずかに感じられるような計画とし、
コンクリート、ガラス、木製のペァガラス、軽くて金属の素材を感じる屋根、木、白熱灯をうまく取り合わせたつもりです。
他のリフォームのポイントはコチラ→

工事内容
屋根下地は耐火野地板2枚の間に空気層を設け、遮音と断熱の工夫をしました。
ピアノの音響に関しては、使った感じで対策を立てることとし、
この一年後には、弾き手に合わせて、簡易に移動や撤去ができる音響パネルを設置しました。
ローコストでの音響設計にはもっとも苦労しました。

FA043_L

新婚夫婦のマンションリフォーム

建築主の生活スタイル

新婚の夫婦。まだまだ若いふたりの、新世界のスタートです。ですから、生活スタイルをつくるのはこれからでしょう。
ふたりで歩くときも手をつないでいる熱々ぶり。私もどこに目をやればいいのか?という状態です。

建築主の要望

中古マンションを職入したのですが、一番大きな問題は、カビがすごいということです。とにかくこれをなんとかしてもらいたい。
また、室内が暗くてどうしようもないので、明るくしてほしい。清潔感のある家にしてほしいのです。
ふたりとも若いので、モダンなイメージが希望です。
そうそう、リビングは広く、明るくできますか?それとキッチンは対面式がいいですね。

リフォームのポイント
キッチンの移動は可能ですが、排水の関係で、キッチンの床が少し上がります。カビについてはまず滅菌処理をして、その上に断熱材を施しましょう。
6帖の和室をなくし、リビング・ダイニング・キッチンを広くした。曲面を使って広がりを出したのもポイント

工事内容

すべてをいったん撤去して、全面リフォームを行ないました。
驚いたのは、コンクリートの梁の鉄筋がむき出しになっているという欠陥でした。
このことは施主に報告し、管理組合で対応するように伝えて、モルタルで補強しましたが……。

また、上や隣の住戸の排水管が、室内に入り込んでいました。昔のマンションではこのようなことが多いものです。

コンクリート壁全面にカビの発生がすごかったので、まず調査を実施しました。
ボードや床の一部を撤去し、下地がどのような状態かチェックしたところ、下地までカビが発生していました。
それも多壁に!もっと鷲いたのは、外壁に断熱材を入れていないという手抜き工事でした。
そこで壁全面の滅菌処理を入念に行ない、断熱材をすき間なく入れて下地としました。

後日談ですが、以前入居されていた家族の子供ふたりがひどいぜんそくで、命の危
険まであったそうです。どうやらこのカビが原因だったらしいです。
まともな工事監理者がいないことが施工の手抜きを許し、そこに住まう家族の健康まで損なわれてしまう。悲しい現実です。
他の施工例は→にあります。

FA001_L